iPhone8/8 Plus/iPhoneXの各キャリアの価格を比較!どこで買うのが一番安いのか?

先日より、「iPhone8」と「iPhone8 Plus」の予約が始まりましたが、Apple、ドコモ、au、ソフトバンクのどこで購入すれば、一番安くお値打ちに買うことができるのだろうか?

Appleで購入すればSIMフリー版を入手することができるので、格安SIMを組み合わせることにより、結果的にかなり安くお値打ちに運用することができると思いますが、Apple+格安SIM、ドコモ、au、ソフトバンクの4つのパターンの端末の価格を比較、検討してみました。

iPhone8/8 Plus/iPhoneX各キャリアの端末価格の比較

それでは、「iPhone8 64GB」モデルの端末価格をAppleで直接購入した場合とドコモ、au、ソフトバンクで購入した場合で比べてみます。

  Apple ドコモ au ソフトバンク
  新規
機種変/MNP
新規
機種変
MNP 新規
MNP
機種変
端末代 78,880円 3,690円/月
(88,776円)
3,810円/月
(91,440円)
3,930円/月
(94,320円)
端末割引 2,376円/月
(57,024円)
2,670円/月
(60,360円)
3,065円/月
(73,5660円)
3,210円/月
(77,040円)
2,810円/月
(67,440円)
実質
負担額
3,286円
(78,880円)
1,323円
(31,752円)
1,140円
(27,360円)
745円
(17,880円)
720円
(17,280円)
1,120円
(26,880円)

結果はご覧の通りで、ドコモは新規・機種変更・のりかえ(MNP)は統一価格となっていますが、auはのりかえ(MNP)、ソフトバンクは機種変更が一番価格が安くなっていますね。さすが、ドコモは王者の貫禄ですね・・・どれをとっても一番高いという。でも優越を付けていない点で個人的に好感が持てます。

auは他社からののりかえ(MNP)ユーザーが安くなり、ソフトバンクは新規とのりかえ(MNP)ユーザーが安くなります。auとソフトバンクは既存ユーザーは高くなります。そうなんです、高くなるんです。ドコモやauからののりかえを考えているならソフトバンクが安くなるようです。

 

Apple「iPhone X(テン)」平成29年10月27日予約開始、平成29年11月3日発売

Appleは日本時間9月13日に開催したイベントで、「iPhone X(テン)」iPhone発売10周年記念モデルを発表しました。

名称については直前にiOS11のGM版で情報が流出した通りに、iPhone X(テン)でした。「X」が10という意味であったことについても、事前の情報どおりでした。

iPhone Xはフロント全面を覆う5.8インチ、2,436×1,125解像度のSuper Retinaディスプレイ(OLEDディスプレイ)を搭載。HDR、HDR 10、Dolby Vision形式に対応します。前面と背面はガラス製、フレームは医療に使われているものと同じグレードのステンレススチール製で、耐水性能と防塵性能も備えています。そして、ホームボタンは完全に消失し、新たに顔認証システム「Face ID」が搭載されました。

Face IDはTouch IDよりも安全

フロントの中央上部のせり出した部分には、TrueDepthカメラが収められ、赤外線カメラ、Flood illuminator、近接センサー、環境光センサー、スピーカー、マイク、フロントカメラ、ドットプロジェクターが備わっています。

目に見えないドットを30,000以上投射し顔の精緻な深度マップを作り、このマップは精度も高く、眼鏡や帽子を着用したり、髭を伸ばしたりしても、正しく識別するとのことです。さらに機械学習により、時間とともに身体的な変化にも適応していくとしています。また他のスマートフォンで問題になったような、写真でのFace ID突破はできないとのことです。

搭載されるA11 Bionicチップ(6コア、2つの高性能コアと4つの効率コア構成)がニューラルエンジンを内蔵していて、顔認識の処理をします。サーバには顔のデータは保存されずにA11チップ内に記録され、その安全性については、データ流出の可能性がTouch IDでは5万分の1の確率が、Face IDでは100万分の1まで低下、安全性が向上していると説明しています。

iPhone Xはシルバーとスペースグレイの2色展開で、容量は64GB/256GBの2種類。価格はいずれも税別で、64GBが11万2,800円と、256GBが12万9,800円です。

予約注文は平成29年10月27日午後4時01分(日本時間)から受付、
発売は平成29年11月3日と案内されています。

 

iPhoneX/8/8 Plus 予約・発売日確定!

発表日:日本時間 2017年9月13日

事前に予測されていたの通りに、現地時間2017年9月12日(火)(日本時間13日(水))にAppleのイベントにて3機種の発表がされました。

予約開始日:2017年9月15日、2017年10月27日

「iPhone8」「iPhone8 Plus」は、2017年9月15日(金)「iPhoneX」は、2017年10月27日(金)
から予約受付することになりました。日本国内の予約開始日時は、例年通りに予約日当日の16時01分から開始することになりそうと予測されます。

発売日:2017年9月22日、2017年11月3日

「iPhone8」「iPhone8 Plus」は、2017年9月22日(金)、「iPhoneX」は、2017年11月3日(金)
から発売することになりました。

予約受付の開始は「iPhone 8」「iPhone 8 Plus」いずれも9月15日(金)の午後4時1分で、iPhone取扱店およびオンラインショップで、予約を受付けすることになります。

大手キャリア3社、iPhone8/8 Plus発売発表出揃う

ついに、NTTドコモ、KDDI(au)、そしてソフトバンクと大手3キャリアが「iPhone 8」「iPhone 8 Plus」を、9月22日(金)に発売すると発表しました。9月15日(金)午後4時1分から、予約受付を開始します。

これで、大手キャリア3社の発売発表が出揃いました。

iPhone Xは発表こそ他2モデルと同時だが、実際の出荷は遅れるかも!?

9月13日(現地時間12日)に発表される次世代iPhoneは3モデル(iPhoneX/7s/7s Plus)存在すると言われています。しかし、このうち「iPhone10周年記念モデル」にあたる「iPhone X」(iPhone8)については、発表こそ同時になっても、出荷時期については他の2モデル(iPhone7s/7s Plus)に比べて遅れると予想されています。

遅延についてどの程度になるのかは、はっきりと分かっていないようですが、これまでも有機EL(OLED)ディスプレイの供給や、指紋認証センサー(Touch ID)の搭載騒動が原因として報じられているように、9月末の時点で500万台ほどの在庫しか用意できないとの観測も出ていました。
また先日は、発売時の数量が限定されるだけでなく、品不足は年末商戦まで続く可能性があるといわれています。

iPhoneX/8/8 Plus 発表日確定!?

発表日確定!:日本時間2017年9月13日(水)(現地時間12日(火))

昨年2016年のiPhone8/8 Plusの場合は、日本時間9月8日(木)(現地時間9月7日)開催のイベントで発表されました。

今年2017年のiPhoneX/8/8 Plusについては、Apple社内メールとされる文書でリーク情報で知られる人物が公開した、9月17日~11月4日を休暇取得を制限する期間としてしているとのことです。近年の新型iPhoneは、水曜日に発表、翌週金曜に発売という日程が固定化しているため、9月13日に発表される予測がたちます。

また、今年2017年8月31日に招待状をAppleが送ったことが判明し、今年の発表イベントは日本時間9月13日(水)(現地時間12日(火))であることが確定しました!

予約開始日予想:2017年9月15日(金)午後4時1分から

近年の新型iPhoneは、発表のあった水曜日から2日後の金曜日より予約受付が始まり、1週間後の金曜日に発売するという日程にパターン化されています。2016年のiPhone7/7 Plusの際は、発表された2日後の9月9日から予約受付が開始されました。
2017年の新型iPhoneの発表日が日本時間9月13日(水)ですので、例年のパターンでいくと、予約開始日は9月15日(金)の可能性が高いと予想されます。